牧師の拙論 (8) Thesis (Argument) of Pastor Yoshio Iwamura 目次 Contents

※「目薬」誌,神戸新聞「聖書のことばシリーズ」,神戸国際キリスト教会説教,神戸国際支縁機構講演を除く。青字をクリックしてください。

⇒ こころやすらぐ「聖書」のことば|岩村 義雄|三宮KCC – 神戸新聞文化センター

牧師の拙論 (8) 目次

それぞれの青字をクリックしてください。
神戸国際キリスト教会の牧師はかつてキリスト教会や他宗教を非難,回心強要,迫害していた罪人の頭です。したがって,拙論などは決して弁明,売名行為,過去の歩みを誇るのではありません。

48.あなたはいつ抑圧された人に寄り添うのをあきらめたのか」(アフガニスタンと歩んだ20年 神戸新聞会館聖書のことばシリーズ第86回 2021年8月30日)(英文付き 2021年8月30日)。

47.ダムと伐(ばつ)―第5次佐賀水害ボランティア報告―』(「小さくされた人々のための福音」講座 神戸市勤労会館 2021年8月20日)(英文付 2021年8月20日)

   参照 クリスチャントゥデイ(2021年8月17日付)

46.  熱海よ,おまえもダムか―熱海土石流 第1次熱海ボランティア報告垂水朝祷会 (英文付)(2021年7月17日)

   参照 『クリスチャン新聞』(2020年8月15日付)45.  キリスト教と難民(英文付)(2021年7月4日)

   参照 祈りの波』(2021年5月28日)

44. 解放の神学とは(英文付)(2021年5月2日)

 「牧師の拙論」(1) ~(8)   
             
             ⇒ 「(7)目次
             ⇒ 「(6)目次」                                         
             ⇒ 「(5)目次
             ⇒ 「(4)目次
             ⇒ 「(3)目次
             ⇒ 「(2)目次
             ⇒ 「(1)目次

 

牧師の拙論 (7)

牧師の拙論 

※「目薬」誌,神戸新聞「聖書のことばシリーズ」,神戸国際キリスト教会説教,神戸国際支縁機構講演を除く。青字をクリックしてください。

⇒ こころやすらぐ「聖書」のことば|岩村 義雄|三宮KCC – 神戸新聞文化センター

牧師の拙論 (7) 目次

それぞれの青字をクリックしてください。
神戸国際キリスト教会の牧師はかつてキリスト教会や他宗教を非難,回心強要,迫害していた罪人の頭です。したがって,拙論などは決して弁明,売名行為,過去の歩みを誇るのではありません。

43.  キリストはキリスト教だけのものではない―第1次トルコ災害ボランティア―(英文付) 2020年12月6日
42.レビヤタンの正体(1)」(英文付)(2020年9月6日)。
True identity of Leviathan (1)” 
41.キリスト教と福祉―新型コロナウイルスの救い― (英文付)2020年4月19日 神戸国際キリスト教会 Christianity and Welfare-Salvation ―The New COVID-19―
   読後感 新免 貢 読後感
40.  キリスト教と災害―第106次―」(英文付)2020年3月15日 神戸国際キリスト教会 Christianity and Disaster―The 106th Tohoku Volunteer Report
   『クリスチャントゥデイ』ウエブ記事(1) ~(3)
   キリスト教と災害(1)「第106次」
   キリスト教と災害(2)「『災害』から『復興へ」
   キリスト教と災害(3)「うわべだけの復興」
39.キリスト教と終末論 (英文付)2020年2月23日 神戸国際キリスト教会連続説教
   Christianity and Eschatology ― Heresies ―

 「牧師の拙論」(1) ~(8)   
             
             ⇒ 「(8)目次
             ⇒ 「(6)目次」                                         
             ⇒ 「(5)目次
             ⇒ 「(4)目次
             ⇒ 「(3)目次
             ⇒ 「(2)目次
             ⇒ 「(1)目次

 

岩村カヨ子 逝く 2016年10月17日 Kayoko Iwamura

生前の岩村カヨ子のおかげで ひとときも忘れない4年間

『中外日報』(2020年10月23日付)。

Our delightedness brought from worries.

Volunteer activities in Ishinomaki City

Director of Kobe International Sustaining Organization
Pastor of Kobe International Christ Church

It’s a scene just after the big tsunami that had happened almost 10 years ago. I saw many cars stuck vertically in the rice fields. The car is a symbol of convenience. Miyagi Prefecture supports large consumption city Tokyo as the major rice-producing prefecture. The paddy fields were moaning in sludge and debris brought by the black tsunami. During the time of escaping from the tsunami, it was dangerous to use the car since all of the cars congested and clocked the roads. Highways were destructed and twisted, airports lost their functions because of the tsunami, and fishing ports where were the center place of fisheries were completely destroyed.

Our visit to Ishinomaki City Miyagi Prefecture through 15 hours of driving from Kobe by saying “We will come again” to local people reached 112 times. What made us do so? Our actions didn’t come from the act of an evangelist. Our sensitivities were directly linked to our actions. In the past, there is a history that rice cultivation in severe cold regions cruelly made Tohoku people suffering. People went away from home to work in the city and daughters had been sold even after the war. 

In the 1950s, there was no farming machines, small pickup trucks, or chemical fertilizers for Tohoku farmers. The peasants were at the mercy of the national policy “tanshyu (反収: the rice yield per 10 areas)” that was driven by the government. Volunteers from Kobe have begun to struggle with the soil covered by the tsunami mud. We were also in a blind effort like pioneers to the salty rice fields. We only had an innocent spirit of being with local people. We didn’t have any skills. It was probably a reckless action. It is a problem if stink bugs appear because of pesticide-free and organic farming style. And we felt cold looks, “You all from the city can’t bear the severe nature”.

I felt pain in my intestine duodenum for a few days before we leave from Kobe because of my “anxiety”. I could not sleep. We purchased rice seedlings that do not contain neonicotinoid-based pesticides from Osaki City. We also started to receive supports from Yasuda Shigeru, Professor Emeritus of Kobe University, and also local farmers. Young people heard about our activities and began to participate in one after another from all over Japan. My wife, Kayoko, took care of the management of contacts between participants. And she encouraged me with her prayers.

We listen to our creator’s voice, “Sow to yourselves in righteousness, reap in mercy; break up your fallow ground”. Since I am an unpaid pastor, so I kept giving hard time with my wife. Unlike in the past, not humans but the earth became the other party to us. Kayoko handed us her hand-made meal boxes and sent out the participants with her smiles while waving her hands. We were just worried about undiscovered tasks. We began to take our steps like a baby. Never give up even if we stumbled and made scars on our foreheads, and just keep going.

In September, we experienced with children, who will be responsible for the next generation, that our ninth rice harvest in Ishinomaki City where is the place of agriculture, forestry, and fishing. We were delighted to work together with the locals.

 

 

手作りマスク支縁

『神戸新聞』(2020年8月18日)。
『読売新聞』(2020年7月14日付)。
『毎日新聞』大阪版(2020年6月16日付)。

 

インドネシア国パルでの孤児支縁 現地報道  2019年5月9日付

『ラダー スルテン紙』(2019年5月9日付) 記事 日本語訳


 SILATURAHMI:中央スラウェシ州の書記(次期長官とパル市民は期待),Hidayat Lamakarateと会った岩村義雄。

MUGNI SUPARDI記者
ENTERTAINING:
岩村義雄は,ペトボの液状化で両親を失った子どもの一人であるフィドラスの世話を始めました。

日本人,岩村義雄がパルの被災者の子どもたちを支援

PALU – 中央スラウェシ州の地震,津波,液状化の被害を受けた子供たちを支援することを目的としています。日本から来こらました男性は,身寄りがない子どもたちを探しています。両親がいない被災者の子どもたちは,施設のうちの1つに住む場所を備え,成長して自立できるようになるまで資金が里親から支給されます。子ども用施設はBTN Palupi Permai Blokに建設予定です。 V5 No.14の地番です。「カヨコ・チルドレン・ホーム」です。カヨコさん自身は、約3年前に亡くなった妻の名前から取ったものです。この夫婦は子どもたちに恵まれていなかったので、岩村義雄は放棄され孤児になった子供たちを助けるために世界に出かけています。
 「カヨコ・チルドレン・ホーム」は,施設で大人になるまで,孤児1人あたり月額3000円の教育費支縁が提供されます」,と本誌に語りました。
 今回の支援では,岩村義雄は,災害の被害を受けた子どもたちのために日本人から集められた寄付金です。最初に,岩村義雄は2018年9月31日,つまり震災から3日後にパルにやって来ました。彼はBASARNASメンバーと一緒に救助活動をしました。教育省 Ir.Edward Abdurrahman, M.Sc長官や,地質研究家Maryoko Hadi博士と,会談しました。インドネシア各地に教育機関を建造する議題,火山の噴火にどう対応するか,日本からの支縁について約2時間話し合われました。その後,ジョコ・ウィドド大統領宛の井戸敏三兵庫県知事,久元喜造神戸市長の親書をが手渡されました。

 現時点では,彼の高貴なはたらきのためにパル市に四度目になる岩村義雄の訪問が9月14日に予定されています。ホームの家の開所式です。施設は少なくとも5人の子どもの予定です。

 第3回目の訪問である昨日の水曜日(5月8日)に,岩村義雄はペトボの液化中に両親を失った子どもの一人と会いました。仮設小屋で出会った4歳半の少年フィドラスは,祖母のCarida Muhammad(58)と同居しています。震災時に11人の家族をペトボの液状化で亡くしました。「二度目のフィドラスとの出会い,私たち神戸国際支縁機構,「カヨ子基金」の意図や支縁を家族に伝えましたが,それでもフィドラスは彼の祖母から離れることはできません。この仮設小屋ではフィドラスの祖母は他の妹たちために調理する役割があるのですぐにホームに入れない」,という説明がありました。岩村義雄が直面している問題は,祖父たちなど親戚が通常孤児を手放すことにすぐに同意しないということでした。しかし,現実的な子どもたちの生活,学び,将来への見通しを考えると,一番,子ども達にとって良い選択であると判断されるのは時間の問題です。
 彼はまた,神戸国際支縁機構の目的と「カヨ子基金」の目的をパル市に説明することにより,中央スラウェシ州務長官H Moh Hidayat Lamakarate MSiと会談にこぎつけました。被災した子どもたちのための施設を建設するための費用として,機構は土地,維持管理,人件費を含まない100万円を提供しました。立地条件として,施設は学校やモスクの近くに建設されます。子どもの教育は円滑になり,またモラルなどの宗教に関する知識も得られやすい環境にあります。
 「このはたらきのために,私たちは適切なパートナー,ステファン&イエニ・リンボキファミリーを見つけました。そして,リンボキ家族は施設を建設して維持するためのまかないにも責任をもちます。この家族はパルの子どもたちの世話をする最も適切な人です」,と彼は言いました。

SILATURA HMI: Clerk of Central Sulawesi Province, Yoshio Iwamura who met with Hidayat Lamakarate.

MUGNI SUPARDI Reporter
ENTERTAINING:
Yoshio Iwamura started taking care of Firdaus, one of the children who lost their parents due to Petobo fluidization.

Japanese, Yoshio Iwamura supports children of victims of Palu

PALU-aims to help children affected by earthquakes, tsunamis and Firdaus in Central Sulawesi Province. Men who came from Japan are looking for children who have no children. Children of victims without parents have a place to live in one of the facilities, and funds are provided by foster parents until they can grow and become independent. A children’s facility will be built at BTN Palupi Permai, Blok. V5. No.14. It is “Kayoko Children Home”. Kayoko himself was taken from the name of his wife who died about three years ago. As this couple was not blessed with children, Yoshio Iwamura is out in the world to help the abandoned and orphaned children.
“Kayoko Children Home” is told in the journal that an orphan will be provided with an education fee of 3,000 yen per month, until an adult at an institution.
In this support, Yoshio Iwamura is a donation raised by Japanese people for children affected by the disaster. First, Yoshio Iwamura came to Pal on September 31, 2018, three days after the earthquake. He rescued with BASARNAS members.
Yoshio Iwamura met with Dr. Ir.Edward Abdurrahman, Director of M.Sc, and Dr. Maryoko Hadi, Geologist. The agenda for building educational institutions in various places in Indonesia, how to respond to volcanic eruptions, and how much support from Japan was discussed for about two hours. After that, Yoshio Iwamura were handed over autograph letters from Toshizo Ido, Governor of Hyogo Prefecture, and the mayor of Kobe, Mr. Kizo Hisamoto.

At the moment, a visit for Yoshio Iwamura, scheduled to be held for the fourth time in Pal due to his noble work, is scheduled for 14 September. It is the opening ceremony of the facility. It is available for at least 5 children.
Yoshio Iwamura met with one of the children who lost her parents during Petobo’s fluidization on Wednesday, May 8th, the third visit. The four and a half-year-old boy Firdaus, who he met in the temporary hut, lives with his grandmother, Carida Muhammad (58). At the time of the earthquake, 11 families were killed in Petobo’s fluidization. “I met my family for the second time, and we told the family about the intentions and support of “Kobe International Sustaining Organization”,“Kayoko Fund,” but Firdaus still can not leave his grandmother. In this temporary hut, Firdaus’s grandmother has a role to cook for other sisters, so she can not go home immediately.” The problem facing Yoshio Iwamura was that relatives, such as grandfathers, usually did not immediately agree to let go of orphans. However, given the realistic life, learning, and future prospects of children, it is only a matter of time before it is judged to be the best choice for children.
He also held talks with the Secretary of State of Central Sulawesi, H Moh Hidayat Lamakarate MSi, by explaining the purpose of “Kobe International Sustaining Organization” and the purpose of the “Kayoko Fund” to Palu city. As an expense for the construction of a facility for the affected children, the organization provided 1 million yen including land, maintenance and labor costs. As a location condition, the facility will be built near the school or mosque. The education of children is smooth, and it is easy to get knowledge about religions such as morals.
“For this work, we found the right partner, Stephan & Yeni Limboki Family, and the Rinboki Family is also responsible for failure to build and maintain the facility. This Family is the most appropriate person to take care of the children of Palu,” he said.

 

「カヨコ・チルドレン・センター」開所式 2018年12月5日

インドネシア国パルでの孤児救済


第2回目の故岩村カヨ子を偲ぶ記念会を開催しました。
 日 時 :  2018年1110日(土) 午後1時半~3時  (開場1時)
 場 所 :  狩口地域センター
      655-0049神戸市垂水区 狩口台7-6-5 電話 078-783-6501
      JR朝霧駅北側徒歩600メートル
 参加費:   お花料などは一切いただきません。予めご了解ください

 岩村カヨ子夫人が愛したひとり小菅あゆみ姉は当日,会場に美しい花を関東から送付してくださいました。花をこよなく愛したこと,いつも母の日にプレゼントしてくださったあゆみ姉のアガペ愛が会を一層盛り上げてくれました。感謝。

坂井良行住職(高野山真言宗西方院)の故岩村カヨ子夫人についてのエピソード。
 
水谷弥生さんの高校生時代,I.C.S.における岩村カヨ子夫人の思い出。
 2017年から,故人の残した預貯金は「カヨ子基金」(英語名“Kayoko Fund”)として海外被災地の孤児のために用います。
 また里親として温かい心を示してくださる3千円は,一円も引かれずにそれぞれの現地で孤児の教育費に充てられています。
 

「カヨ子基金」

 

 

里親申し込み書 ⇒ 里親自動振り込み同意書

第4次ベトナム・水害ボランティア(2018年6月3日~10日) クアンビン省アントイ地区

「カヨ子基金」セレモニー アントイ地区 2018年6月5日
 
 
「カヨ子基金」セレモニー アントイ地区 2018年6月5日
「カヨ子基金」セレモニー アントイ地区 2018年6月5日

 ベトナム人孤児3人追加 いずれも父親がいないで母親が廃品回収などで生計を立てている。(2018年6月7日)

ノーアイ君(15歳) 2018年6月7日
ダット君(13歳) 左端2018年6月7日
ディエムさん(15歳)2018年6月7日

毎月3千円を里親として孤児に3千円を手渡している方  申し込み順 2019年9月1日現在

 1. 池永タケコ
 2. 中田美子
 3. 本田寿久
 4. 酒井彰
 5. 本田洋子
 6. 村上安世
 7. 原田洋子(2)
 8. 辻良雄(2)
 9. 宮田佳典
10. 村上裕隆
11. 中山圭子
12. さかいようこ
13. 新井眞由美
14. 菊池則子
15. 藤丸秀浄(法専寺住職)
16. 佐野良子
17. 村田充八
18. 土手ゆき子
19. 岩村義雄
20. 神戸国際キリスト教会
21. 北村徹
22. 岡野彩子
23. 坂本好也
24. 樋口進
25. 北村恭男
26. ゲーベルひでみ
27. 大島敏子
28. 山田慎一郎
29. 上野登志子
30. 吉持志保
31. 石川満澄
32. 青……匿名
33. 金貴順(3)
34. 樋口多恵子
35. 白方誠彌
36. 福岡真悟
37. 高橋一正
38. 池……匿名
39. 山本智也
40. 山本美和子
41. 坂井ひとみ
42. 安田吉三郎
43. 本田大輔
44. 星野尚子
45. 高野貴子
46. 松本真祐
47. 村田義人
48. 星野尚子
49. 山下妙子
50. 東灘バプテスト教会
51. 聖ヴィンセンシオ愛徳姉妹会
52. 遠藤美智子
53. 苅部眞砂子
54. 太田妙子

2019年9月1日現在,毎月全額3千円を受け取っている孤児は68名になろうとしていますが,12名分,
年450,000円不足しています。

 

 2019年5月31日には,障がい者回復院を再訪問しました。機構の支縁による新しい建物で遊具に喜ぶ子ども達と再会しました。「カヨ子基金」の子ども近寄ってきてくれました。スィンヨンちゃん,チュクム君,リクク君 ,キムちゃん,ホング君の5人だとすぐにわかりました。
 孫・ヒャン・チュンさんの子どもに対する情熱,積極的なヴィジョン,親しまれる人柄が海外からの支縁も
取り付けています。

 社会主義圏では,全世界で「子どもの日」が祝われます。健常者の幼稚園児と,障がい者回復院の子
ども達がなごやかに交流します。健常者がダウン症,知能の障がい者,ハンディキャップでの子ども達を 決して偏り見ることがなく,一緒に競技,遊戯,ゲームを楽しみます。「カヨ子基金」のスィンヨンちゃん,チ ュクム君,リクク君,キムちゃん,ホング君も目が輝いていました。

 

ネパール国ダルマスタディ 孤児たちテレビ報道される

 

 

孤児たちの今 MCH(Manahari Children Home)マナハリ・チルドレン・ホーム 2017年6月24日 Kayoko Fund Kayoko Iwamura

 

「カヨ子基金」により,孤児たちの最大の願い「大人になりたい」が実現にいたろうとしています。

『石巻かほく』つつじ野⑦ (2017年11月14日付)
ベトナム国アントイ地区の「カヨ子基金」の孤児たち 通学 2017年11月9日
『石巻かほく』つつじ野③ (2017年10月17日付)
「カヨ子基金」を報道する各紙
「カヨ子基金」 Kayoko Fund マスコミ各紙 Kayoko Iwamura
『キリスト新聞』(2017年4月1日付)トップニュース Kayoko Iwamura
「カヨ子基金」 Kayoko Fund 『キリスト新聞』第一面記事(2017年4月1日付) Kayoko Iwamura
「カヨ子基金」Kayoko Fund 『クリスチャン新聞』(2017年6月25日付) Kayoko Iwamura
「カヨ子基金」Kayoko Fund 『中外日報』(2017年5月24日付) Kayoko Iwamura
「カヨ子基金」 Kayoko Fund 『クリスチャン新聞』(2017年2月26日付) Kayoko Iwamura
2011年11月2日 老人ホーム慰問

京都エルファ 老人ホーム慰問 2011年11月2日 Kayoko Iwamura

 「息子,娘,男女の奴隷,あなたの町にいるレビ人,寄留者,孤児,寡婦などと共にこの祭りを喜び祝いなさい」(申命記 16:14)。
 <参照>岩村カヨ子は「寄留者」,つまり在日朝鮮人の友と共に生きました。毎年「神戸朝鮮初中級学校」の バザーに欠かさず,出席し,自発的に踊りも楽しみました。在りし日。2015年11月15日。
 ≪動画参照≫ マイノリティー(少数者)と共に生きる

 2017年10月17日(火)午後1時半 記念会を予定しています。
 ⇒ 1年を経て 記念会のご案内    どなたでもお越しいただけます。

 医療学会で話した「キリスト教の弔い―現代問われている死生観」
          2016年11月12日(土) 東京都池袋  岩村義雄

岩村カヨ子自筆メモ書き 2016年9月28日 在宅ホスピス
岩村カヨ子自筆メモ書き       2016年9月8日 在宅ホスピス Kayoko Iwamura
 2017年から,故人の残した預貯金は「カヨ子基金」(英語名“Kayoko Fund”)として海外被災地の孤児のために用います。

⇒「カヨ子基金

 海外の孤児たちの教育費に用います。日本と比べて,物価は十分の一ほどです。ネパール,バヌアツ,ベトナムの親を自然災害などで失った貧しい子どもたちが大人になることができるように,毎月,一口3千円ずつ自動引き落としを通じて,あなたのお心をお伝えください。

 郵便振替           口座 1434096549731 加入者名  カヨ子基金
 みなと銀行        明舞支店(175)   普通 3921374   カヨ子基金
 三菱東京UFJ銀行  三宮支店(462)   普通 3422530   Kayoko Fund
 三井住友銀行   神戸営業部(500)  普通 9821847     カヨ子基金
 みずほ銀行    神戸支店(490)   普通 1817303     カヨ子基金

Postal transfer account 14340-96549731 Subscriber’s name Kayoko Fund
Minato Bank Akai Branch (175) Normal 3921374 Kayoko Foundation fund
Bank of Mitsubishi UFJ Sannomiya Branch (462) Normal 3422530 Kayoko Fund
Sumitomo Mitsui Banking Corporation Kobe Sales Department (500) Normal 9821847 Kayoko Foundation
Mizuho Bank Kobe Branch (490) Normal 1817303 Kayoko Foundation 

      ※ 自動引き落としの手続きの詳細は,⇒ 「里親お申し込み」
  ※ 不明は事務局にお尋ねください。

 海外の被災地において,弱者に寄りそう活動を行うことにより,地域の子どもたちにとって安心して生活,教育ができるよう切においのりします。宮田佳典 2017年2月5日

菊池則子(5),南村洋子,杉浦征子,古本佳世子,三浦照子,武田多美,今野順子,春原和子,森 祐理,塩屋キリスト教会,中島信光,山本 桂(3),高島邦生,岩村義雄(7),神戸国際キリスト教会(5),寺岡秀祐,森川 甫,日本基督教団神戸栄光教会,中田美子,神戸聖福教会,李敬淑,村上裕隆,本田寿久(3),本田洋子,宮田佳典,辻 良雄(2),さかいようこ(3),岡野彩子,原田洋子,酒井 彰,酒井久美子,池永タケコ(2),村上安世,安田吉三郎(2),三木美保(2),斉藤真紀子,新井眞由美,本田哲郎,水垣 渉,西上千栄子(7),中山圭子,島田信一(3),保田 薫,山本智也(2),佐野良子,守屋香代子(3),塩見みよこ,中村和子,村田充八,岡本玲子,北川禮子(4),土手ゆき子,北村 徹,大江良一,日本ナザレン教団小倉教会,吉持志保,西崎京子,犬童幸二,坂本好也,新免 貢(2),宮坂信章(6),今井祝雄,樋口 進,永野真治,東灘バプテスト教会(3),千葉幸一(宮城県石巻市)(5),兵頭晴喜(2),藤原りつ子(朝霧病院),竹内喜子,大島 修,大島敏子,北村恭男,ゲーベルひでみ,山田慎一郎,上野登志子,徐 桂英,尾島淳義(2),坂井良行(高野山真言宗西方院住職),飯原洋子(2),山下妙子(4),権 英富,崔 勝久,春重祺子(2),川崎栄子,石川満澄,石川久子,五百井正浩(真宗大谷派玉龍寺住職),坂牧弓絃(3),大田美智子,横山豊宥(無障金剛院住職),「小さくされた人々のための福音」講座(18),庄司慈明(宮城県石巻),小笠原貞夫(2),野崎和子(2),石黒正義,坂上順子,沖縄バプテスト連盟 ルア教会,三木晴雄,廣森勝久,木村褜治(宮城県石巻市)(3),大田正紀,岩下喜恵子,小菅あゆみ,西岡本キリスト教会,新井眞由美,KISO牧場(3),中山敬一郎(3),杉浦征子,川井浩三,川井 拓(2),大嶋善直,渋木洋一,渋木孝江,丹野清(宮城県石巻市市会議長),池田裕子(2),早野美智子,湊 乃莉子,荒木みつる,青木玉江(4),谷合公江,平澤久紀,鄭恵姫(3),酒巻美和子,福島陽子,三木清,三木千佳,的野慶子,藤原加寿子(4),鶴崎祥子(3),山下 寛,山下弘美,白川台キリスト教会 小紫義弘,主イエス恵愛教会 高橋 務,守屋香代子,白方誠彌(2),土手 朋(2),土手 暁,井元親男,岩間 洋(2),岩間千恵子(2),池永タケコ,有年米子(3),祐照寺(古川真照住職)(2),高橋一正(6),高橋秀典,山本次子,高橋信二(丹波),濱田和子,日本基督教団神戸栄光教会,オリーブの木キリスト教会(2),石川満澄,石川久子,伊藤睦人(福岡県松末),福井重男(2),小野寺 脩(宮城県石巻市),有限会社吉田興業 吉田 明,青活祭フェスティバル,吉俣正光,忠内一由,忠内有紀,栗原 健,坪井久子,小島崇文,水谷弥生,朴 明子,岡田小百合,垂水朝祷会,白瀬小一郎(2),阿部純子(宮城県石巻市)(3),小島千鶴,高島邦夫,河内常男,松村淳子,吉永輝次,松本裕之,杣 浩二,春重祺子,阿部和夫(宮城県石巻市)(2),金 貴順,藤丸秀浄(法専寺住職),樋口多恵子(宮城県石巻市),神戸キリスト教書店,「御同朋(おんどうぼう)の社会をめざす運動」,久留島琴(6),松浦和彦,松浦博子,熊野千秋(2),袴田康裕,福岡真悟,福岡真悟ウィルシー,真宗大谷派仙台教区仏教青年会有志,古本泉夫, 古本愛子,柳澤 豊,池田春子,大久保和代,遠藤トシ江(宮城県石巻市),植地優子,楠元留美子,松本真祐,崔 勝久,森 隆充,廣瀬素子(3),東垂水ルーテル教会,山下 寛,山下弘美,小野寺 脩(宮城県石巻市),畠田 敬,中山圭子,森 祐理,栗原 健,山本美和子(4),平松幸子,主イエス恵愛教会,高橋 務,福本修平,日本自由メソヂスト葛城キリスト教会,米澤澄子,坂本直子,櫻井由里子(2),日本基督教団神戸栄光教会,イエス・キリスト聖成伝道教会,山本 稔,井本敦幸,浜崎照夫,観音寺(三鷹市),樋口 實(朝倉市松末),東原良学,恩田 怜,朴 大成 ,鄭 恵姫,手島勲矢,福井重男,福井昌子(2),渡辺 徹,岡部京子,白承豪,藤本英樹,日本基督教団久宝教会,(株)ムラサキスポーツ,金山良雄,松森正樹,日野謙一,赤坂さちこ(岩手県紫波郡),,秋田喜代子,福森恵美,石井泰代,山村ちずえ,内藤幸子,島内眞知子,沖 菜穂子,古川直子,日本バプテスト同盟西岡本キリスト教会,垂水仏教会,三宅幸子,桜間裕章,池田久美子,井本敦幸,秋田喜代子,大宮有博,脇 友子(熊本市),匿名

※ 平澤久紀さまからのご入金は10月17日にございましたけれど,記入漏れがあり,非礼の段,ご容赦ください。岩村義雄。
竹内喜子さまからたくさんの郵便切手が届き,感謝です。

「カヨ子基金」によるネパールの孤児
「カヨ子基金」 Kayoko Fundによるネパールの孤児

 

 

 海外の孤児たちの教育費に用います。日本と比べて,物価は十分の一ほどです。ネパール,バヌアツ,ベトナムの親を自然災害などで失った貧しい子どもたちが大人になることができるように,毎月,一口3千円ずつ自動引き落としを通じて,あなたのお心をお伝えください。

 郵便振替           口座 1434096549731 加入者名  カヨ子基金
 みなと銀行        明舞支店(175)   普通 3921374   カヨ子基金
 三菱東京UFJ銀行  三宮支店(462)   普通 3422530   Kayoko Fund
 三井住友銀行   神戸営業部(500)  普通 9821847     カヨ子基金
 みずほ銀行    神戸支店(490)   普通 1817303     カヨ子基金

  ※ 自動引き落としの手続きの詳細は,⇒ 「里親お申し込み」
  ※ 不明は事務局にお尋ねください。

ラジオ関西 2017年2月1日放映 「カヨ子基金」 Kayoko Fund

 

ボランティア道のお母さん,ありがとうございました。

京都エルファ 老人ホーム慰問 2011年11月2日

 「息子,娘,男女の奴隷,あなたの町にいるレビ人,寄留者,孤児,寡婦などと共にこの祭りを喜び祝いなさい」(申命記 16:14)。
 <参照>岩村カヨ子は「寄留者」,つまり在日朝鮮人の友と共に生きました。毎年「神戸朝鮮初中級学校」の バザーに欠かさず,出席し,自発的に踊りも楽しみました。在りし日。2015年11月15日。
 ≪動画参照≫ マイノリティー(少数者)と共に生きる

 2017年10月17日(火)午後1時半 記念会を予定しています。
  <参照> ボランティア道の母逝く
 ⇒ 1年を経て 記念会のご案内    どなたでもお越しいただけます。

 医療学会で話した「キリスト教の弔い―現代問われている死生観」
          2016年11月12日(土) 東京都池袋  岩村義雄

岩村カヨ子自筆メモ書き 2016年9月28日 在宅ホスピス
岩村カヨ子自筆メモ書き Kayoko Iwamura 2016年9月8日 在宅ホスピス
生花が途切れることなく届くことに感謝。

 家内が愛した花。家に花がない日はなかった。小原流の二級脇教授になり,連続優秀賞をいただいていたこともあった。逝去しても,だれかしらが花を届けてくださる。今日も。東北ボランティアに参加された守屋香代子さん(第23次),榧裕美さん(第25次)が画像の生花を送付してくださった。2017年1月25日。
 2016年10月17日以降,松浦博子さん,三木晴雄氏,都倉久子さん,舟見和子さん,野﨑泰子さん,八木美恵子さん,大迫孝子さん,小菅あゆみさん,大田正紀理事,井上眞貴子さん,塩見みよこさん,山本真理子さん,土手ゆき子さんたちからの生花を妻と共に喜ぶ。

                                                      2017年1月30日  榧裕美 (第25次)

 お花は奥さんのイメージです,と伝えましたが,奥さんそのものが,まるで花のような方だと思っています。周りを,その場をぱっと明るくやさしくする光のような方だとそう感じます。
 奥さまにお会いしたのは,機構の季刊誌の封入作業のお手伝いでおじゃました際,まるで以前から知っていたかのように,迎えてくださいました。おやつとお茶とを出して,いたわってくださったこと,もてなしてくださったこと,そのときのあたたかな笑顔が何より印象的です。
 心からの気持ちが,その場にあふれ出て,あったかく明るくさせてくれるのだと思います。
 あらためて,ホームページでお写真やみなさんのメッセージを見てそう強く思いました。 わたしもお礼が言いたいです。温かく迎えてくださったこと,本当にありがとうございます。どうかどうか穏やかなお気持ちでいらっしゃいますように☆

 故人を偲んで                     
                                  本田寿久
 岩村カヨ子夫人は2016年10月17日,逝去。
 夫岩村義雄理事長は,被災地や,天涯孤独の方の身元引受人,弱者や難民に寄り添うボランティア,収入は決して多くはありません。にもかかわらず,不平を漏らさず,妻として家事にいそしみ,柔和に自宅に出入りする多くの若者たちを導きました。結婚生活のほとんどは他者のためであったにもかかわらず,身だしなみ,振る舞い,外観は生活苦を微塵も感じさせませんでした。初対面の人は裕福な奥さまに映ったことでしょう。しかし,生活の実状がだんだんわかってくるとどこにそんなマジックのような秘訣があるか不思議でした。貧しくとも「世界一の夫婦(みょうと)」としてうらやましがられるほど,夫婦仲は近所でも有名でした。

 20人近くの若者たちに即座に食べさせるために,「飯場(はんば)のおばさん」と呼ぶ女性もいました。家事らしいことを何もしたことのないように見えるのに,またたくまに包丁,調理,味付けをしてしまいます。文春文庫の桐島洋子著『聡明な女性は料理がうまい』という本がありますけれど,まさしく夫人のことを描写しているかのようです。掃除をはじめ,裁縫,盛りつけなど何をするにしてとうてい真似ができないほど賢さがにじみ出ていました。

発送作業 岩村カヨ子(右奥) 食事を提供する 2013年8月13日 Kayoko Iwamura

 家族間の不和,反抗期の子どもをもつ親,宗教の不信感などについて,電話だけでなく,何時間でも親身になって聴かれていました。そのことで文句を申し上げたことがあります。「かかってきたらすぐに電話を切ってください」と。 
 食事や入浴,プライベートのゆったりした時間はないづくめでした。とことん相手の側に感情移入されていました。口は固く,個々の秘密は決してだれにも漏らさないことでも信頼されていました。それはすごいストレスであったと私たち夫婦でよく話題なったものです。
 炎天下で道路工事をしている労働者をみると,見知らぬ人たちにでさえ,冷たい飲物を持って行く姿は天使のようでした。
 私は小学校の時から,夫人を尊敬し,まぶしいように見てきました。亡くなった私の父,また,私の母が寝込んだり,入院した時もお弁当や,洗濯,買い物など自分の家族ができないことをしてくださいました。
 多くの人々に自分の身を粉にして仕える生き 様こそ「ボランティア道の母」と言えます。私たち夫婦,息子たちだけでなく,悩んでいる人にとり,かけがえのない存在であり ました。
 妻の役割はきませんが岩村義雄を支えていきますから,安心してください。

2016年9月,歩くことがおぼつかなくなる時,黙想している心を書き留める。Kayoko Iwamura

死ぬということ

                                 山本智也
 中学生の時に兄に続いて,英語を教えていただいた恩師である岩村先生と出会いました。厳しく教えて頂きました。先生に竹の棒で指導してもらった時には,奥さんは優しく慰めてくれた事をよく覚えています。高校生になってからは優しさだけではなく礼儀,言葉使い,髪型などもよく諭されました。私は頑固で勝手気ままな性格ですので直接注意を受けても素直でないことを夫人はよく理解しておられました。なるほどと巧みに気付かせてくださるのです。デリカシーのない私は奥さんを困らせた事がありました。そんな時,奥さんはダイニングルームに呼んで,一対一で時間をかけてわかるように話をしてくださった事は一度や二度ではありません。愛情豊かな気遣いをなさる奥さんに出会えたことは僕にとっては心の財産です。将来結婚するには,このような女性に巡り会うしかないとずっと思い続けました。
 そんな奥さんが2010年に足の皮膚癌になった時にとても心配しました。奥さんは「痛いけれど掃除しないと落ち着かないし,気が済まないわ。やることがいっぱいあるから痛いとか言ってられないでしょう」とよく家事をされていた印象が強いです。心配していたことも忘れるくらい元気に生き生きとされていました。 とても強いパワーが私を圧倒し,かえって私が元気をもらったくらいです。

 2011年以降,東北のボランティアで先生が忙しくしている時もきっと痛みがあったにもかかわらず先生のフォローを全力で取り組まれていました。夫人から弱音を聞いたことがありません。だれに対しても笑顔で迎えられます。交友関係で私が友達とうまくい かなくなったりした時は奥さまの方から私の表情をみて,時間を とってくださいました。
 今年の5月末には「残りわずか」と兵庫県立がんセンターで余命宣告を受け,治療がだめと耳にされました。主人を放っておいて死ねないという妻としての使命に生きてこられただけにショックであったことでしょう。奥さんは延命処置をとらず,在宅で夫と一緒に過ごすことを選ばれました。ご自宅に立ち寄りますと,そんな病のこと微塵も感じさせず,笑顔でもてなしてくださいました。先生は,若い時のニックネームの牛若丸のように疾風の如く突っ走って来られたことはよく知られています。「あんな主人と離婚せずにいる奥さんの方がこわい」と陰でささやかれるほど仕えておられました。「あの先生に付いていくぐらいだから……」,と一般人とはちがうと,ご本人も耳にしたうわさを微笑みながら話してくださったことがなつかしいです。

 お二人が長年連れ添った自宅で看取られたことが私にとっては何よりも偉大なことと思えます。ヘルパーや病院に依存せずに,先生がそう願われたことはとてもうれしかったです。 私は東北ボランティアの影響で,卒業後,介護の仕事をしています。約50人の利用者と生活をさせてもらっています。私の施設 は介護老人保健施設で医療的なケアは看護師が行っています。利用者の中には「胃ろう」といって口から食事が出来なくなった (一時的な場合も含む)方のお腹に穴をあけて栄養を摂取する延 命処置をしたりします。正直申し上げて,人の死ぬということがわかりません。単純に食べれなくなったので徐々に弱っていって 亡くなる選択肢もあります。徐々に弱っていくのは体力がいります。苦しいことから逃げようと,また寿命以上に生きるためにあがく手段として,「胃ろう」をして延命してもらう選択肢もあり ます。しかし、胃ろうをしてまでして,楽に生きられるのでしょ うか。そんな操作までして「生きる」ことに価値があるのかどう か,僕にはわかりません。
 奥さんは10月17日にご主人に看取られました。末期がんのため 肉体的にはとても激痛を耐えなければならなかったとでしょうけれど,精神的には平安な気持ちでおられたことが死に顔からわかります。

20161017%e5%8f%ac%e5%a4%a9

2016年10月17日(月)午前9時47分 息を引き取る 孝太が来て間もなくだった。メークは悦ちゃんがした。Kayoko Iwamura

 私は施設で亡くなられる方々に接して,最後の時にやはり家族が身近にいるべきと痛感しています。残念なことに,今の日本の経済と福祉は不十分なため,在宅で看取ることは老々介護の問題など, 現実的に難しいことは確かです。だからといって医療にすべてを丸投げして,他人の前で死ぬようなシステムは薄気味悪い,非情さを感じます。
 奥さんからいつもいろんなモノをいただきました。食事,誕生日プレゼントなど目に見えるものではなく,いろんな精神的な強さ,困った人へのやさしさ,積極的な生き方を身をもって教えていただきました。
 私たちだけではありません。初対面で接する人たちも「この人のためなら,……」,と感じさせる不思議なオーラがありました。 
 壮絶な死に方を通して,生きるいのちの大切さを教えていただきました。夫や,他人であった私たちに徹底的に尽くされ,本当にお疲れさまでした。この恩は一生忘れません。

2010年以降 神戸国際キリスト教会のメッセージの内容を  いつも口ずさむ Kayoko Iwamura

ボランティア道のお手本

                                 村上裕隆
 岩村カヨ子夫人と初めてお会いしたのは2011年3月20日のことです。当時ぼくはひきこもりでありましたが,岩村義雄理事長に,第1回目の東日本大震災ボランティアに誘っていただき,それから夫人には実の息子のように可愛がっていただきました。

 ボランティアによちよち 歩きを始めたときから,夫人にいつも「あなたのような人はいない」 と励ましていただいたことで,これまでボランティアを続けられたと思っています。おいしい手料理はどこのレストラン顔負けでした。防腐剤,添加物,人工のものではなく,わが家と同じ自然食であることも 安心していただき,おふくろの味として忘れることができません。

 丹波水害が2014年8月に発生しました。神戸国際支縁機構は現地で最初の炊き出しを依頼されます。夫人は150食以上の豚汁,筑前煮 の具材を購入するため,素早く行動しました。その日,神戸市東遊園 地の炊き出しの楠元留美子班長ですら,どれだけの分量を購入すべき か躊躇してしまう量の計算です。大根,にんじん,豚肉など瞬時に必 要量を暗算ではじき出し,2時間ほどで購入してしまいます。「計算機より早い」と身近な人々も脱帽していました。

 教会で,暗証聖句もだれより も早く覚えて正確に唱えられ,私たちはあせったことについて懐かしく思い出します。 祈りの人でもありました。夫の健康,事故がないように,たゆまず 祈っておられる姿がすぐに目に浮かびます。学生たちや僕に頭を下げ て,「主人をよろしくお願いします」が口癖でした。
 テレビドラマ以 上にこれほど愛し合う夫婦はいないのではといつも思わせられます。 
 翌年,丹波市島で記念のイベントの際,みんなで楽しみました。 

丹波水害1周年 記念イベント 市島ひなたぼっこ 2015年9月31日

丹波水害1周年 記念イベント 市島ひなたぼっこ 2015年9月13日 Kayoko Iwamura

 夫人は今年の6月3日以降,ご自宅で末期がんの痛みに苦しんでおら れました。買い物に行く時,ぼくに留守番を頼まれます。「痛いよ-」と夫に叫んでおられますが,どうすることもできず,おろおろしました。飛んで帰ってきた理事長は「寂しい思いをさせてごめんね」「寂しかったわ」という会話がなされます。 
 そんな痛みで苦しんでおられる時でさえ,周囲の者に気にかけてくださり,ぼくが今年9月14日JR元町駅前で声を上げて街頭募金をしたこと,10月1日に賀川記念館の「ボランテイア・福祉・宗教」で対話 集会のワークショップで発表したことについて涙を流して喜んでくださいました。人生の中でぼくのために涙を流して喜んでくれる人がこれから どれだけいるでしょうか。
 同じ団地で,近くに住んでいながら,息を引き取るときに会えなかったことは悔やまれます。まるで「裕君」と起き上がって語りかけるような安らかな死に顔でした。今も共に生きておられ,微笑んで見守 っておられることが伝わります。ボランティアに目を開かせてくださった「母」に恥じぬように,苦悩する人々に仕えていきます。

お目にかかれて
                                    谷口浩平 

 この度は,最愛の奥様のご逝去,まことにお悔やみ申し上げます。 長い間ご一緒に支え合っていらっしゃったことを思うと,どのような 慰めの言葉も軽く思えてしまいます。 私が奥様とお会いしたのは,今までで2回しかありません。しかし,その2回のうちで,なんと立派な方だろうかと心から感じました。初めてお会いした時,闘病中だとは思えない程に凛としておられ, 私自身ですら気付かない私の長所を見抜いて褒めて下さったばかりか,他の初対面の方ともすぐに打ちとけて仲良く会話されていました。
この様子を見て,この方は人の長所を見ることができる広い心と,相手の心に寄り添うことができる人柄の良さを持っていらっしゃるのだなと, 感銘を受けたことを覚えております。

第3次ネパールボランティア出発1週間前 2016年9月9日

第3次ネパールボランティア出発1週間前 2016年9月9日 左端 筆者 Kayoko Iwamura

 また,2回目にお会いしたのは,私が支縁機構からネパールへボランティアで訪問する少し前ですが,その時もご自身のお体も大変なはずなのに私達のネパール・ボランティアも激励して下さいました。
 本当に,自己犠牲の精神で周囲の方々を親身に思う姿に尊敬いたします。それゆえに,この度の悲報は私にとって大変残念なものであり ます。どうか岩村先生は,ご無理なさらず,お体を大切になさって下さい。 奥様のご冥福をお祈りいたします。  

 

 

牧師の拙論 (6)

牧師の拙論 (6) Thesis (Argument) of Pastor Yoshio Iwamura

それぞれの青字をクリックしてください。
神戸国際キリスト教会の牧師はかつてキリスト教会や他宗教を非難,回心強要,迫害していた罪人の頭です。したがって,拙論などは決して弁明,売名行為,過去の歩みを誇るのではありません。これまでの生き様を否定する角度から発信しています。

38.キリスト教と防災(英文付)2019年12月17日 関西学院大学 
  Christianity and Disaster prevention 
           『クリスチャントゥデイ』(2020年3月11日付)
37.「キリスト教と災害災害と聖書の神―貧しい人・被災者は幸いである(英文付)   2019年6月9日
        “Christianity and Disaster Disaster and the God of the Bible-The poor  and the victims are blessed Sunday worship sermon
           『クリスチャントゥデイ』(2019年6月25日付)   
36. 危機の時代から刷新の時代へその二 見捨てられた松末(英文付) 2019年3月31日
   From the Era of Crisis to the Wra of Regeneration. No.2 – Abandoned Masue –
35.危機の時代から刷新の時代へ ―その一 第1次インドネシア・ボランティア報告―」(英文付) 2018年10月10日 From the era of crisis to the era of renewal ―Vol.ⅠThe 1st Indonesia Volunteer Report―
34. 「技術至上主義は自然災害をもたらす―第1次北海道地震ボランティア報告―」(英文付) 2018年9月6日
   Technology supremacy brings about natural disasters- the 1st Hokkaido Earthquake Volunteer –

 「牧師の拙論」(1) ~(8)  
             ⇒ 「(8)目次」             
             ⇒ 「(7)目次」                                          
             ⇒ 「(5)目次
             ⇒ 「(4)目次
             ⇒ 「(3)目次
             ⇒ 「(2)目次
             ⇒ 「(1)目次

 

牧師の拙論 (5) 目次

牧師の拙論 (5) Thesis (Argument) of Pastor Yoshio Iwamura

それぞれの青字をクリックしてください。
神戸国際キリスト教会の牧師はかつてキリスト教会や他宗教を非難,回心強要,迫害していた罪人の頭です。したがって,拙論などは決して弁明,売名行為,過去の歩みを誇るのではありません。これまでの生き様を否定する角度から発信しています。

33.人類史 最大の人道上悲劇―第2次次シリア・ボランティア報告(英文付)
 2018年2月17日
    Humanity’s greatest Humanitarian Tragedy―The 2nd Syria Volunteer Report―
32.北朝鮮のリアリティー ―良心が疼く―(英文付) 2017年10月17日
   英文 Reality in North Korea – Aching of conscience –
31.南京大虐殺は史実か(英文付) 2017年9月7日~12日 南京鍾山賓館
   Is the Nanjing massacre a historical fact?
30.「石の叫びに敏感であろう(英文付) 2017年6月22日 2017年度キリスト教教育特別集会 宮城学院女子大学・大学院 Sensitive to the Cry of the Stone
29.「キリスト教の弔い―現代問われている死生観」(英文付) 2016年11月12日 日本「祈りと救いとこころ」 学会 ホテルメトロポリタン
   Mourning way of Christian – Asked recent view of life and death” 未校正

 「牧師の拙論」(1) ~(8)  
             ⇒ 「(8)目次
             ⇒ 「(7)目次
                                                  ⇒ 「(6)目次
             ⇒ 「(4)目次
             ⇒ 「(3)目次
             ⇒ 「(2)目次
             ⇒ 「(1)目次

 

憲法9条について発題

9条にノーベル平和賞を, 9条を世界文化遺産 World Cultural Heritage “Please award the Nobel Peace Prize to Article 9 of the Japanese Constitution.”         Headquarters of Executive Board of Kobe “Nobel Peace Prize for Article 9” Founder  Rev.Yoshio Iwamura

9条を70年近く守っている日本人がノーベル平和賞を授与されますように。

 憲法9条こそ人類の最先端の叡知。「戦争違法化」は河の流れのように向かっている。国防は改憲案に書かれている「自然権」ではない。「この権利は国家以前に存し,国家によって人為的に与えられるものではないから,国家はこれを侵害しえない」(『広辞苑』自然権)。  浅川 巧 [たくみ 1891-1931]のような同胞がいたことで救われる。戦後,65年を経て,差別,偏見,人種優越主義が再びもたげてきている。戦争を知らない議員たちは憲法9条を捨て,再武装して軍隊でアジアの人々を蹂躙をしてはならない。「良心者」(良心的兵役拒否者 Conscientious objector )として看過することはできない。 米国は本性を現した。「憲法9条は障害」。(産経新聞 2012年4月25日付)。戦後,GHQの憲法草案の基底には,日本人鈴木安蔵[1904-1983]の「憲法草案」があった。1946年以降,「現憲法はGHQによる押し付けだ」と騙されてきた。

Abe Shinzo intends to abolish the current Constitution 9 to change Japan into a war country.

To: The Norwegian Nobel Committee : Dear Mr.Thorbjorn Jagland Chair of the Nobel Committee

   The Japanese Constitution is a pacifist constitution that stipulates renunciation of war in its preamble and notably Article 9. Article 9 in particular has been playing an important role since the end of WWII in preventing the Japanese government from waging war. Article 9 has become the hope of those who aspire for peace in Japan and the world. However, the Japanese Constitution is currently under the threat of being revised.

 To spread a peace constitution in all the countries of the world, we request that the Nobel Peace Prize be given to the Japanese citizens who have continued maintaining this pacifist constitution, Article 9 in particular, up until present.

2019年2月21日 オスロノーベル平和賞委員会提出について記者会見

『朝日新聞』(2019年2月22日付)。
(『朝日新聞』 2018年10月6日付)。
「みんなで考える9条・明舞の会ニューズ」(No.2 2007年3月)
「みんなで考える9条・明舞の会ニューズ」(No.2 2007年3月)

9条明舞の会ニュース(2015年11月8日付)

「垂水革新懇」(2015年10月号)
「垂水革新懇」(2015年10月号)

  ⇒ 憲法9条をノーベル平和賞に推す神戸の会

『九条の会,ひがしなだニュース』(2018年1月23日)。
『九条の会,ひがしなだニュース』No.71 (2015年12月)。

 

  Q: ノーベル賞受賞を目指す目的は何か   A: 人類の叡知である平和憲法を守ることはわたしたちの義務である。「再び戦争をしない」という約束を世代から世代へとつなぎたい。「強い日本」より,他国に愛され信頼される日本こそ私たちのしあわせの基礎である。

 Q: 日本国憲法の製作者は当時のGHQである故に,アメリカ合衆国が受賞する対象にならないか  A: 日本国憲法の製作者はアメリカ合衆国というのはまちがった先入主である。なぜなら植木枝盛[えもり 1857-1892]が1881[明治41]年に私議憲法9条をつくったことを忘れているからだ。植木は,「明治政府は専制政府であり,明治維新は家を建てようとして牢屋を建てたようなものである」 と福沢諭吉[1834-1901],伊藤博文[1841-1909]たちの富国強兵政策批判した。私擬憲法を読んで刺激を受けた鈴木[1904-1983]たちが1945[昭和20]年10月29日,高野岩三郎の発題により,憲法史研究者たちが第一案から第三案(最終案)を。同年,12月26日,「憲法草案要綱」を内閣に提出。GHQはこれらの要項に関心を示し,翻訳に携わったことを忘れてはいけない。

 Q: 軍事力をもたない国は,他国の脅威に対して国を守ることができないのではないか  A:軍事力では国を守るより,核戦争の脅威にさらすことをわきまえなければならない。自国の人のいのちを守るのは軍備ではなく,平和と生命の大切を優先する外交,政策,考えである。

 Q: 資源の争奪戦,領土問題,国境紛争が絶え間ない時代に,非武装は理想論にすぎず,現実離れしてはいないか  A: 外国の軍隊侵略により領土を獲得することが戦争という時代は過去のものである。侵略者が支配したいのは,資源,領土などの物理的なものではない。むしろ民衆の支持が得られなければ有効的な支配にはならない。たとえばコスタリカという軍隊をもたない無防備の国に攻め入っても,コスタリカ人の賛同がなければ無意味であろう。 愚かにも,日本は世界の五番目の軍備をもつ軍事大国である。

 Q:  国民は改憲を望んでいるにもかかわらず,なぜ護憲か  A: 憲法改正を望んでいる人は過半数であっても,人類の叡知である憲法9条の改正までは望んでない。

 Q: EU(欧州連合)がノーベル平和賞を受賞したことから何を学ぶか  A: ドイツは戦時下の加害者として侵略,弾圧,差別を行なったことを徹底して反省。日本と異なり,被害ではなく加害者として心に刻み込む教育を徹底している。一番目立つ地に戦争犯罪の<参照>加害者博物館に多大な財をもって建設。ドイツは戦後20年ほどは「自分たちに責任がない」と主張していた時期もあった。しかし,加害者としての自覚が国を変えた。かつてあれほどまでに犬猿の仲であったフランス人はドイツを信頼できる国として受け入れるようになった。EUから学ぶことは多い。

 Q: 受賞の対象を日本国民としておられますが,一国民として,受賞の意思がないにもかかわらず,憲法9条をノーベル平和賞に推す神戸の会の申請について同意できません。 A: 一国民として平和賞を受賞したくないというな自由な発言は,許されますが,公的な地位にあるなら許されません。いわば憲法は国民に縛りをかける目的ではなく,政治家,官僚,裁判官,自治体の知事,公務員の方々,つまり,国の側や自治体の側で仕事をする人々に縛りをかける法です。 憲法99条には,「天皇又は摂政及び国務大臣,国会議員,裁判官その他の公務員は,この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。』と謳われています。ノーベル平和賞を国民に授与される運動は,為政者に縛りをかけた国民の総意に対して与えられるものです。受賞に反対するのは憲法制定時ならばともかく時代錯誤の発想です。

Q: ノーベル賞受賞がなされた場合メダルと賞金が授与されるが,それらの扱いをどうするか。 A: 日本国民に与えられる賞なので,受賞の代表である内閣総理大臣に委ねたらどうだろうか。

 Headquarters of Executive Board of Kobe  “Nobel Peace Prize for Article 9” 

章

学校の現場に,「憲法9条」がなぜ大切か,出前授業をしますので,ご希望の教師はエラスムス平和研究所にお問い合わせください。携帯 070-5045-7127。

THE CONSTITUTION OF JAPAN

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/gyoukan/kanri/pdf/22_appendix3.pdf

  Office : 1-101 Kariguchi-dai 5-chome,Tarumi, Kobe, Japan 655-0049 c/o Erasmus’ pacifism institutes Headquarters of Executive Board of Kobe“Nobel Peace Prize for Article 9“ General Secretary, Rev.Yoshio Iwamura Tel : (81)(078) 782-9697 Fax: (81)(078) 784-2939 E-mail: QYH05423@nifty.com

「憲法9条をノーベル平和賞に推す神戸の会」

『人権かながわ 2014年』 第22号 2015年1月25日
人権かながわ 2014年』 第22号 2015年1月25日 16頁
良心者として 『神奈川実行委員会ニュース』(2014年8月19日)赤線
20140125クリ新聞ノーベル賞
「クリスチャン新聞」(2014年1月26日付)

 発足にあたり,2013年11月19日,神奈川県の「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会(石垣義昭代表)からの署名依頼がありました。2013年12月15日以降,日本ではじめてオスロの委員会への有資格者の推薦人が神戸で集まるように会合を開きました。同時に,「憲法9条をノーベル平和賞に推す神戸の会」に集まったすべての署名は実行委員会に提出しています。 神奈川県の「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会出版物

ニュース④ 2014年5月16日発行

ニュース⑥ 2014年8月17日発行

 「推す会」は, 「九条の会」や「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会などとも緊密な協力関係を維持しています。

2015年10月9日記者会見

20151008憲法九条前日

1. Wataru Mizugaki

Board Chairperson, Headquarters of Executive Board of Kobe “Nobel Peace Prize for Article 9”, Emeritus Professor, Kyoto University, Philosophy

2. Yoshio Iwamura General Secretary, Headquarters of Executive Board of Kobe “Nobel Peace Prize for Article 9”,  Director, Erasmus Institute of Peace Studies
3. Sasagu Arai Member, Japan academe, Theology
4. Shozo Arai Former president, Kobe Shoin Women’s University, Theology
5. Masaji Ie Emeritus professor, Kobe City University of Foreign Studies, Law
6. Masaaki Aniya Emeritus professor, Okinawa International University, History
7. Msaki Ohta Emeritus professor, Baika University, Literature
8. Keiji Kasai Professor, Chubu Gakuin University, Theology
9. Hiroya Katsumura Former president, Osaka Christian College,  Theology
10. Tomoe Sawa Singer
11. Hiroshi Shigeru Emeritus professor, Kobe College, Theology
12. Seiya Shirakata Honorary director, Yodogawa Christian Hospital, Medicine
13. Mitsugu Shinmen Professor, Miyagi-gakuin Women’s University, Theology
14. Masahisa Seguchi Professor, Nagoya Institute of Technology, Philosophy
15. Nobuyoshi Takashima Emeritus professor, Ryukyu University, Geography
16. Manabu Tsuji Professor, Hiroshima University, Theology
17. Akio Tsukimoto Professor, Saint Paul’s University, Theology
18. Kenji Doi Professor, Kwansei Gakuin University, Theology
19. Koichi Namiki Emeritus professorr, International Christian University, Theology
20. Renta Nishihara Vicepresident, Saint Paul’s University, Theology
21. EikoHanaoka Emeritus professor, Osaka Prefecture University, Philosophy
22. Susumi Higuchi President, Shukugawa Gakuin, Theology
23. Eiji Hisamatsu Professor, Ryukoku University, Theology
24. Moriaki Hirohara Former President, Kyoto Prefectural University, Technology
25. Tetsuro Honda Former Province, Franciscan of Japan, Theology
26. Koichi Miyagi Director, Mt.Olive Hospital,  Medicine
27. Ken Miyamoto Professor, Kobe Shoin Women’s University, Theology
28. Sadamichi Ashina Professor, Kyoto University, Theology
29. Yotaro Miyamoto Professor, Kansai University, Religion
30. Michiya Murata Professor, Hannan University, Sociology
31. Hidetoshi Ohno Professor, Tokyo University, Sociology
32. Hiroshi Marui Professor, Tokyo University, Philosophy
33. Masahiro Shimoda Professor, Tokyo University, Philosophy and Buddhism
34. Albert Charles Muller Professor, Tokyo University, Religion
35. Zensho Yoshida Professor, Tokyo University, Physics
36. Sumio Matsunaga Emeritus professor, Tokyo University, Philosophy
37. Takeshi Tamura Emeritus professor, Tokyo University, Literature
38. Jun Kanda Emeritus professor, Tokyo University, Architecture
39. Shogo Kishida Emeritus professor, Tokyo University, Architecture
40. Chizuko Ueno Emeritus professor, Tokyo University, Sociology
41. Kamon Nitagai Emeritus professor, Tokyo University, Sociology
42. Manabu Ajisaka Professor, Doshisha University, Sociology
43. K iyoshi Adachi Professor, Kyushu University, Sociology
44. Wasa Fujii Professor, Okayama University, Sociology
45. Akio Moritan Professor, Tokyo Keizai University, Sociology
46. Sung Woncheol Professor, Chukyo University, Sociology
47. Reiko Seki Professor, Rikkyo University, Sociology
48. Nobuhiko Iwasaki Emeritus professor, Kobe University, Sociology
49. Susumu Inuzuka Emeritus professor, Chiba University, Sociology
50. Sumiko Yazawa Former Professor, Tokyo Woman’s Christian University, Sociology
51. Kazuko Yokoyama Professor, Toyo Gakuen University, Economics
52. Midori Igeta Professor, Tsukuba Gakuin University, Sociology
53. Toshiaki Furuki Emeritus professor, Chuo University, Sociology
54. Tatsuto Asakawa Professor, Meiji Gakuin University, Sociology
55. Mamiko Okada Professor, University of Hyogo, Religion
56. Yoko Shoji Emeritus professor, Rikkyo University, Sociology
57. Kamada Tetsuhiro Professor, Asahikawa University, Sociology
58. Kamada, Toshiko Professor, Asahikawa University, Sociology
59. Masami Miyazaki Professor, Sendai Shirayuri Women’s College, Theology
60. Toshimasa Yamamoto Professor, Kwansei Gakuin University, Theology
61. Naoya Kawakami Pastor
62. Yasuhiro Hakamada Professor, Kobe Reformed Theological Seminary, Theology
63. Hiroyuki Kamiwaki Professor, Kobe Gakuin University, Law
64. Ronni Alexander Professor, Kobe University, Psychology
65. Tatsuru Uchida Emeritus professor, Kobe College, French literature
66. Hisakazu Inagaki Director, Kyoritsu Christian Institute, Philosophy
67. Mime Morita Former, Osaka Christian College, Philosophy
68. Takashi Yoshida President, Kobe Reformed Theological Seminary, Theology
69. Hajime Morikawa Emeritus professor, Kwansei Gakuin University, Literature
70 Akira Keneko Professor, Tenri University, Philosophy
71. Yasuko Morooka Guest lecturer,Osaka University of Economics and Law, Law
72. Rokuro Morita University of International Business and Economics
73. Yoshifumi Tawara Guest lecturer,Rissho University, History
74. Kiyoshi Takada Emeritus professor, University of Teacher Education Fukuoka, Education
75. Haruhide Tsumura President, Osaka Yuhigaoka College, Theology
76. Yoichi Komori Professor, Tokyo University, Literature
77. Kenzo Hamano Professor, Kwansei Gakuin University, Philosophy
79. Tetsu Kitamura Guest lecturer,Doshisha University, Theology
80. Akihiro Kobayashi Associate Professor, Rakuno Gakuen University, Theology
81. Haruko Okano Former president, Seisen University, History
82 Yuka Anzako Associate professor, Ritsumeikan Universityl, History
83. Yosuke Watanabe Independent Scholar, National University of Singapore, History
84. Mitsuyoshi Himeta Emeritus professor, Chuo University, History
85. Kazuharu Saito Guest lecturer,Meiji University, History
86. Sumio Obinata Professor, Waseda Universityl, Literature
87. Ayako Okano Guest lecturer, Kansai University, Theology
88. Keiichi Nakano Professor, Kobe College, Theology
89. Takeshi Nakatani Emeritus professor, Kobe University, Economics
90. Junnosuke Yasukawa Emeritus professor, Nagoya University, History
91. Michio Sano Professor, Hosen College of Childhood Education, History
92. Atsuyoshi Suekane Professor, Kansai Gaidai University, Economics
93. Nobuo Mizuno Emeritus professor, Hyogo University of Teacher Education, Music History
94. Masaru Otsuru Professor, Mukogawa Women’s University, Food Science
95. Kazunobu Tateishi Guest lecturer, University of Hyogo, Psychology
96. Keiji Kanda Emeritus professor, Kyoto University, Engineering
97. Katsuro Tamada Emeritus professor, Kansai University, Education
98. Masayuki Akutsu Guest lecturer, Tokyo University, Islam History
99. Katsuhisa Hiromori Emeritus professor, Kobe University, Education
100. Yoichiro Takahashi Emeritus professor, Hannan University, Literature
101. Yoshimi Morishima Professor, Hiroshima Shudo University, Literature
102. Tokuo Yoshida Professor, Kansai University, Law
103. Kasei Dan Professor, Hannan University, Law
104. Eiji Sone Former Professor, Hannan University, Journalism
105. Kunihiko Matsumoto Professor, Yamagata University, Political Science
106. Sumito Haruna Emeritus professor, Kwansei Gakuin University, Philosophy
107. Kichisaburo Yasuda Former professor, Kobe Reformed Theological Seminary, Theology
108. Shigeo Nishimura Emeritus professor, Osaka University, History
109. Timothy Boyle Professor, Kwansei Gakuin University, Theology
110. Shigeru Yasuda Emeritus professor, Kobe University, Agriculture
111. Masami Endo President, Kobe International University, Political Science
112. Ichiro Yamauchi Former President, Kwansei Gakuin University, Theology
113. Wataru Fukaya Professor, Doshisha University, Law
114. Yoshihiko Miyachi Former President, Shinshu University, Physics
115. Takayo Kano President, Kwassui Women’s University, Comparative Culture
116. Takayuki Nakahara Professor, Hannan University, Socio-economics
117. Kenji Nakajima Emeritus Professor, Koshien University, Chemistry
118. Toshio Suzuki Guest lecturer, Tokyo Metropolitan University, History
119. Kiyoshi Fujinami Associate professor, Okinawa International University, Culture
120. Tokushi Kasahara Emeritus professor, Tsuru University, History
121. Sven Saale Associate professor, Sophia University, History
122. Hiroko Minesaki Associate professor, Aichi University of Education, Education
122. Hiroko Minesaki Associate professor, Aichi University of Education, Education
123. Yoshinori Cho Professor, Teikyo University, Medicine
124. Mari Ikeda Professor, Tokyo Women’s Medical University, Medicine
125. Satoshi Kato President, Hospital Oyama Fujimidai
126. Hiroshi Hasebe Cho Professor, Tohoku University, Economics
127. Seiichi Sugiyama Associate professor, Kobe City University of Foreign Studies
128. Hyosuke Tsuboi Associate professor, Hanan University, Journalism
129. Yashuhiro Ishikawa Professor, Kobe College, Literature
130. Tomohiro Omiya Professor, Kwansei Gakuin University, Theology
131. Gen Kitaueda Guest lecturer,Ryukyu University, Education
132. Youichi Yamaguchi President, Tokyo Christian University, Theology
133. Atsuko Tsuruta Former Professor, University of the Sacred Heart, Tokyo, Education
134. Katsutoshi Namimoto Emeritus professor, Taisho University, Education
135. Tsunenori Yasui Emeritus Professor, Hannan University, Economics

⇒ 良心者 コンチ が叫ぶ

20150315推す会会見
クリスチャン新聞(2015年3月15日付)

 「毎日新聞」(2015年10月17日付 井上拓也撮影)

「毎日新聞」(2015年10月17日付 井上拓也撮影)

 日本人は「否定の論理」について認識しないと 憲法9条を改正し,再び,宣戦布告なしに戦争開 始をする民族性がある。今,みんなで話し合い, 先輩達が作り上げた世界の宝,人類の希望を手 放すような愚かな繰りかえしを許すまじ。 歴史学者 家永三郎氏[1913-2002]の著書 『日本思想史における否定の論理の発達』(家永 三郎 新泉社 1969年)を読み返そう。

             2013年12月21日 「憲法9条をノーベル平和賞に推す神戸の会」 世話人代表          岩村義雄

 

『毎日新聞』( 2015年4月8日付)。

 

牧師の拙論 (4) 目次

牧師の拙論 (4) Thesis (Argument) of Pastor Yoshio Iwamura

28.「岩村カヨ子 逝く」 2016年10月17日 神戸国際キリスト教会
27.「『ボランテイア・福祉・宗教』で対話集会」 2016年10月1日 キリスト新聞社 賀川記念館
26.「キリスト教とボランティア道」(英文付) 2016年5月1日 第26回宗教者災害支援連絡会(宗援連)東京大学本郷キャンパス Christianity and Volunteer-Do” 
25.「イスラーム教はテロではない―英国イスラーム教世界大会報告―(英文付) 2015年8月21日~23日 ロンドン Islamism is not Terrorism – the Report of the Islamist World Assembly in Britain –
24.「キリスト教と非戦 (英文付)  2015年4月18日 OCCカレッジ講義
英文 “Christianity and Pacifism”
23.「福音とは何か(英文付) 2014年9月21日 神戸国際キリスト教会 礼拝説教⇒ 垂水朝祷会What is the Gospel?
22.「フクシマ原発への共苦」 2014年9月8日 大阪朝祷会

※「牧師の拙論」(1) ~(8)
            ⇒ 「(8)目次」 
            ⇒   「(7)目次」 
                                        ⇒   「(6)目次」  
                                        ⇒   「(5)目次」  
                                        ⇒   「(3)目次
                                        ⇒   「(2)目次
                                        ⇒   「(1)目次

 

“Christianity and Pacifism”

牧師の拙論 (3) 目次

牧師の拙論 (3) Thesis (Argument) of Pastor Yoshio Iwamura

21.「士師記 & ルツ記」 『マナ』誌2013年10月号 いのちのことば社
20.「田・山・湾の復活」(英文付)宗教倫理学会 Religious Ethical Society 2013年8月27日  関西大学飛鳥文化研究所・セミナーハウス 
Resurrection of Rice Field, Mountain, and Bay”
19.「大日本主義に抗い,教科書を守る」 2013年8月15日 「子どもと教科書全国ネット21」 
18.「『祈り』主似化」 2013年4月20日~2015年8月15日 垂水朝祷会
17.「船越小学校とともに」 2013年3月11日 『希望の灯』 船越小学校元教員一同
16.「障がいをお持ちの方との縁」 2012年10月8日,9日 兵庫キリスト教障害者共励会 ‘しあわせの村’
15.「日本の宗教風土とキリスト教」2012年7月17日 KBH

※「牧師の拙論」(1) ~(8)

          ⇒ 「(8)目次」 
                                ⇒ 「(7)目次
                                ⇒ 「(6)目次」  
         ⇒ 「(5)目次」  
         ⇒ 「(4)目次」  
         ⇒ 「(2)目次」  
         ⇒ 「(1)目次

牧師の拙論 (2) 目次

牧師の拙論 (2) Thesis (Argument) of Pastor Yoshio Iwamura

14.「日本戦争加害博物館を神戸に」(英文付) 2012年3月 みんなで考える9条・明舞の会  Intention of Setup of the War Archive Museum in Kobe
13.「東北の『田・山・湾の復活』」 2012年3月12日 神戸松蔭女子学院大学
12.「なぜ,今,みんなで死を考える」 2011年4月12日   みんなで「死」を考える会 神戸新聞会館
11.「アフガニスタンの人々と共に生きる」 2009年11月17日 KBH
10.「死刑は聖書的か」(英文付) 2009年5月24日 地球市民の会  神戸市立外国語大学Christianity and Death Penalty
9.「神戸事件とは? 日本でもあった戒厳令 1948年4月24日」 2009年4月24日 「みんなで考える“ヒューマン・ライツ”」実行委員会
8. 書評 『平和への祈り』 「本のひろば」(2008年12月号),『天国―帰るべきわが家』
7.「隣国に謝罪と補償をするのが和解の鍵」 2008年9月6日 日本軍「慰安婦」問題をみんなで考える集会 松ヶ丘ビル大会議室

※「牧師の拙論」(1) ~(8)
         ⇒ 「(8)目次
         ⇒ 「(7)目次
         ⇒ 「(6)目次」 
         ⇒ 「(5)目次」 
         ⇒ 「(4)目次
         ⇒ 「(3)目次」 
         ⇒ 「(1)目次

牧師の拙論 (1) 目次

牧師の拙論 (1) Thesis (Argument) of Pastor Yoshio Iwamura

6.「Blessed are they that have not seen, and yet have believed. 2007年11月6日 CGNテレビ
5.「賀川豊彦献身100年記念神戸プロジェクト」 2007年4月28日
4.「憲法9条についての発題」 2006年2月25日 みんなで考える9条・明舞の会
 3.「クリスマスをなぜ祝うのか」 2005年12月1日号 『きぼう』誌
2.「拉致問題の解決にはどうするか」 2005年5月1日 横田早紀江さんを励ます集い 日本基督教団神戸栄光教会
1.「戦時下のキリスト教」(英文付) 2001年  『神戸と聖書』編集委員会 神戸新聞総合出版センター2001年 209-212頁 Christianity under the War time

「牧師の拙論」(1) ~(8)
         ⇒ 「(8)目次
         ⇒ 「(7)目次
         ⇒ 「(6)目次」 
         ⇒ 「(5)目次」 
         ⇒ 「(4)目次」 
         ⇒ 「(3)目次
         ⇒ 「(2)目次