ブレザレン・カテキズム

 本書は日本の宣教に合致するように作成。ウェストミンスター小教理問答書(1647年)に基づいている。とりわけ,宣教及び終末のための提示を明確にしている。カテキズムとは教理問答のこと。内容は一教派だけの護教を目的としていない。神の地上における公同の教会が告白すべき真理を扱っている。つまり信仰宣言,信仰告白,信条である。「信条」(信経)はラテン語credo「われ信ず」から由来。Confessional Church 告白教会としてプロテスタントでは「信仰告白」と言う。
カテキズムは聖書の濃縮した果汁。キリスト教を理解するための最低限の指針と言える。
 「御言葉を教えてもらう人は,教えてくれる人と持ち物をすべて分かち合いなさい」(ガラテヤ 6:6 『新共同訳』)。

 「教える」 カテーケオー [ギリシャ語動詞 カテーケオー]の名詞形 カテーケーセー カテーケーセーは英語カテキズム catechism[教理問答]の語源となった。キリスト教になじみがない人の抱く疑問を網羅している。みことばを心に宿らせ,喜びに満ちた生活を送られるように祈る。

1997年5月7日 超教派ブレザレン教会
牧師 岩村義雄
岩村カヨ子
本田寿久
本田洋子
福岡真悟
福岡ウィルシー
戸村若文
戸村佐千枝

 Rogo動